ニュース

「私の生きた証…」手塚治虫コレクターが50年かけて集めた貴重な資料など1300点展示 岐阜の羽島市歴史民俗資料館・映画資料館(2022/7/22)┃YouTubeまとめ

投稿日:

今回ご紹介するニュースはYouTubeで545回以上再生され、高評価数「25」低評価数「0」のCBCテレビ(中部日本放送)が提供するニュース「「私の生きた証…」手塚治虫コレクターが50年かけて集めた貴重な資料など1300点展示 岐阜の羽島市歴史民俗資料館・映画資料館(2022/7/22)」です!

ぜひ、最後までご覧ください!

「私の生きた証…」手塚治虫コレクターが50年かけて集めた貴重な資料など1300点展示 岐阜の羽島市歴史民俗資料館・映画資料館(2022/7/22)

投稿日:2022-07-22 23:10:42

概要

■岐阜市のコレクター「私の生きた証」

“マンガの神様” 手塚治虫さんの貴重な資料が集まる「手塚治虫コレクション展」が、岐阜県の羽島市歴史民俗資料館・映画資料館で開催されています。

会場には「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」など、1000冊以上の漫画本に加え、映画のポスターやグッズなど、およそ1300点が展示されています。

展示品のほとんどは、岐阜市に住むコレクター、柘植卓伸さんが50年以上かけて、こつこつと集めてきたもので、自身が小学生の頃に実際に使っていたという下敷きや、20年前に手に入れたというお菓子の包み紙などもあります。

このほか、直筆のサイン入り原画などここでしか見られないものも展示されていて訪れたファンは貴重なコレクションの数々に見入っていました。

(展示品を提供した柘植卓伸さん)
「小学4年生の頃から、1冊1冊古本屋を巡ったり、手紙を書いて譲ってもらった、私の生きた証。見ていただきたい」

(羽島市歴史民俗資料館・映画資料館 今井田康雄館長)
「手塚先生の作品には、平和や人間愛が入っている。ぜひとも手に取っていただいて色んなことを考える機会にしてほしい」

この企画展は9月19日まで開かれていて、今後も展示品を少しずつ増やしていきたいとしています。

------------------
■そのほかの東海地方のニュースは「CBCニュース」にて配信中。
https://newsdig.tbs.co.jp/list/cbc

■LINE NEWSでもニュース配信中。友だち登録はこちらから。
https://line.me/R/ti/p/%40oa-cbctv

■東海地方のニュース・速報 配信中

フォローお願いします✩

-ニュース

PAGE TOP

Copyright© YouTube動画まとめ , 2024 All Rights Reserved.